今日の子育て知事日記

アジア「架け橋」高校生受入プログラム

2019年02月15日 (金)

アジア「架け橋」高校生受入プログラム。

これは、安倍晋三首相の肝いりでスタートしたプログラム。

向こう5年間に、アジア20カ国から1,000名の高校生受け入れ、各々10ヶ月間滞在してもらう、というものです。

実は、このプログラムの実行を任されたのが、AFS日本協会です。

私は、AFS22期、長男61期、二男63期、そして現在留学中の長女65期 ---

初年度の今年、何とか100名の高校生を受け入れ、日本各地に滞在してもらい、何とか最終日を無事に迎えることが出来ました。

新年度以降は、毎年200名を受け入れることとなります。
これは、AFSの本来の使命である毎年400名近くを世界各国から受け入れる「本業」に加えて、ということになります。

その意味で、真のチャレンジは、これから、ということとなります。

こうした取り組みが、将来に亘り、我が日本国のファンが増え、それらの高校生が社会人になって各国や国際舞台で活躍するに当たり、信頼の輪が広がり、国際理解が真の意味で深化することを願ってやみません。

私も、AFS評議員として、微力ながら尽力して参ります。

更新情報

2008年12月3日
4年目のマニフェスト自己評価を掲載しました。
詳しくはこちら
2008年12月2日
新マニフェスト発表
詳しくはこちら
2008年9月30日
新マニフェスト(骨子)発表
詳しくはこちら
2008年5月30日
平成19年度分のマニフェスト自己評価を掲載しました。
詳しくはこちら

過去の子育て知事日記